楽天モバイルの3日間の速度制限と制限解除方法を解説

楽天モバイルの3日間の速度制限と制限解除方法を解説

高速通信は必ず速度制限が設けられています。

 

こちらでは、楽天モバイルの速度制限条件と解除方法、制限にかからないための対策を紹介していきます。

 

ぜひ参考にしてください。

 

データ通信速度制限は2つのパターンがある!?

 

データ通信速度が制限される条件は、実は2つあります。

 

順に見ていきましょう。

 

契約したデータ通信量を超えると低速になる!

 

選択したプランの通信量を1ヶ月以内に使用してしまうと速度制限がかかり低速になってしまいます。

 

通信速度最大200kbpsになるので注意が必要です。

 

この制限は、月単位での速度制限になります。

 

自分に合ったプランを選べば、制限を受けることなくデータ通信が可能です。

 

データ通信量の各料金を把握し、適切なプランを選びましょう。

 

直近3日間での速度制限!

直近3日間(過去2日間と当日をいれた3日分)の合計で定められたデータ通信量を超えてしまった場合、通信速度最大200Mbpsになります。

 

楽天モバイルの場合は契約時にユーザーが選んだプランによって3日間あたりの通信容量が変わってきます。

 

ベーシックプラン、20GBプランと30GBプランには3日間の速度制限はありません。

 

 

3.1GBプラン 540MB/3日間
5GBプラン 1GB/3日間
10GBプラン 1.7GB/3日間

 

 

上記3つのプランは3日間で規定通信量を超えると速度制限がかかり、上り下りの通信速度は最大200kbpsに抑えられてしまいます。

 

ギガ数がまだあると気を抜いてデータ通信量を使いすぎると制限トラップに引っかかってしまいますので注意が必要です。

 

 

高速通信速度制限にかかった時の解決方法とその対策

 

月次制限がかかった場合はオプションで追加可能!

オプション・サービスで要領追加パックを利用できます。

 

100MBにつき300円ですぐに速度制限解除が行なわれます。

 

3日間制限にかかった場合はオプション対応がないため要注意!

速度制限は解除されるまで待たなければなりません。

 

容量上限を超えた翌日から制限がかかるようになっておりますので実質4日後に高速通信
速度が戻ることになります。

 

速度制限にかからないようにするには!

使っているデータ使用量を正確にチェックしましょう。

 

確認するには公式の楽天モバイルSIMアプリで把握することができます。

 

アプリでは当月での使用量と直近3日間での使用量を確認することができますので使いす

 

ぎたと思う時は高速通信のON/OFF機能を利用するようにしましょう。

 

自宅に無線LAN環境があればwifiに切り替えることも節約術のひとつです。

 

外出先では公衆無線LANを積極的に利用し端末データ通信の節約を図ることが望ましいでしょう。

 

 

 

少し面倒くさいが慣れればなんともない!

 

インターネットを使う際には月額に合わせ容量と直近3日間の使用量を常に確認することが大事ですね。

 

面倒くさいと思う方もいるかもしれませんが、慣れてしまえば意外に手間がかかると思わなくなります。

 

楽天モバイルでは通話料金もデータ通信料金も安く抑えることができますので、データ容量確認と無線LANを積極的に活用すればスマートフォンライフを楽しむことができます。